窓ガラスのしつこいペイントを落とす

こちらの記事は2013.5.30にアメブロに投稿した記事となります。

     *     *     *

2013-05-30 23:49:47:実践編

皆さん、こんばんは!みっちぃです。今日もご訪問ありがとうございます。

さて今日は自宅で仕事だったので、合間に廊下側の窓にびっちり塗られた塗装はがしをしました。剥離剤を塗っていたのですが、かなかな取れず、ガラスを変えよう位に思っていたのですが、いざ調べてみると一枚2万円位します。2枚あるので4万。

絶対にペンキを落とす方を即刻選択しました。割れてもいないガラスを変えるのは罰当たりですね!

そこで、もう一度剥離剤の説明を読んでみたところ塗ってから10分位おく、と書かれていました。

今まですぐに作業していました。そして、先日散々塗った所をちょっと剥がそうとしたら、まるで一枚のビニールがめくれる様にビローンとはがれるではないですか!

これは、二晩位おいてあったのです、塗布してから。

これにはびっくりしました。恐るべし剥離剤です。

こちらは時間をかけてワイヤーブラシでこすり落としたもの。

photo:01

こちらはまだ取れ切っていないガラス。

今までの苦労は何だったのか?という位簡単にぺろ~んと剥がれたのです。今晩またタップリ塗ったので明日取れてくれると嬉しいのですが。

今日もご訪問ありがとうございました。