IKEAのスライド蝶番を応用する

2015.3.21にリノベりすさんに投稿した記事です。

     *     *     *

皆さん、こんばんは!みっちぃです。

月に2回はこちらへ投稿させて頂こうと思っていたのですが、すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません。

さて今日はIKEAのスライド蝶番と、扉をゆっくり締めるダンパーを自作シューズボックスに使用した際の取り付け方法についてご報告したいと思います。

このダンパーと呼ばれるパーツはIKEAのスライド蝶番に装着できるようになっています。スライド蝶番だけだとスプリングの力でバタン!と大きな音を立てて閉まりますがダンパーを装着すると手を離しても静かにゆっくり閉まってくれます。

殆ど音がしない位静かに閉まるので完全にストレスフリーです。一度使ってしまうとこれ以外の扉を使おうという気持ちが薄れてしまいます(笑)。

IKEAのキャビネットには蝶番(ヒンジ)取り付け用の穴が開いており、また扉にもあらかじめ穴が開いているので極めて簡単に取り付けることができます。

しかし、お手持ちのタンスやシューズボックスなどで使用する際には蝶番の取り付け位置を逆算して取り付け位置を割り出さなければならない分多少の手間がかかりますが、一旦このIKEAの蝶番+ダンパーに変えたら世界が一変します。天国になります(爆)。

こちらが以前もご紹介しましたリノベ後の玄関で、右がシューズボックスとなります。扉はランバーコアという軽い材で作りました。ホームセンターで扱っています。

こちらがシューズボックスの中で使用したIKEAの蝶番+ダンパーです。左側の奥行きが深かったので木片を大きく右側に張り出さなければなりませんでしたが外から見たら全く分からないし、扉を開けても気になりません。

扉をパーンと投げ出してもゆっくり静かにしまってくれる、これが何ものにも代えがたい宝物です!

細かい工程は下記のサイトに詳しく写真入りで紹介されています。無料で会員登録しないと見れないかもしれませんが、ご興味があれば是非ご訪問ください。色々な方のリノベ報告が載っています。どなたでも参加することができますよ。

self-reform.com
シューズBOXリノベ

またYouTubeの方にはビデオをアップしていますので是非ご覧下さい。

IKEAダンパーの応用

最後までお読み下さりありがとうございました!