和室→洋間リノベーション段取り1

こちらの記事は2014.2.10アメブロに投稿した記事となります。

たまたまリノベりすさんからリンクを開いたところアメブロに残っていた記事に辿り着きました。まとめた記事ではなく地道な作業工程の記録でさすがに写真も見ごたえのあるようなものもなく地味な記事ですが、リノベーションの地道な作業、下支えされた部分が残っていて良かったです。お楽しみ頂ければと思います。

     *     *     *

今日はとうとう和室リノベーション大胆に開始しました。

こちら昨日整理が終わった段階での状況(畳の上にジュータンが敷かれています)です。



本日は早速まずはジュータンを処分。畳が姿を現しました。



絨毯は相当薄かったのでラップしたらこんなに小さくなりました。



早速4畳半の半ものの畳を起こしてみました。



するとなんと!鉄の棒が突き出ていました。(鉄筋ではありませんでした)



おまけに畳の裏側に突き刺さった穴が空いていました。



そんなに簡単にたたみに穴が空くのか?それもそのはずスタイロ畳でした。スタイロフォームと言う断熱材と組み合わせた軽る~い畳現代版の畳ですね。これなら簡単に穴が空きます。



この畳横から見るとこのようにスタイロフォームが見えています。軽くて運ぶのが超楽ちんです。まさに力のない現代人にはピッタリの畳ですね!

重くなくて良かった。捨てるのに1階まで運ばなければならないので。助かります。



鉄の棒ですが、鉄筋ならプライヤーで数回起こしたり倒したりしてると折れるのですが、まるっきりだめでした。そこで切ることにしました。半分くらい金ノコで切ったらすぐに折れました。



モルタルが大分剥がれてしまいました。ぐりぐりやるので相当体力使ってしまいました。



つづく

今日もご訪問ありがとうございました!!