壁紙貼りました

2012-03-25 02:37:37テーマ:ユーティリティー

こちらの記事は2012.3.25にアメブロに投稿した記事を編集したものとなります。今回はニコンのデジカメでの撮影のようである程度画素数も高そうです。

お楽しみいただければと思います。既に洗面所の完成記事が出ているので時間が前後しますがご了承願います。

     *     *     *

こんばんは!みっちぃです。

今回は止水栓を短いものに変え、露出された給水管を壁の中に隠しました。そして壁紙を貼り大理石タイルの目地埋めをしました。

この止水栓はもともと使われていたものですが、イケアの今回使用する流しは引き出しがついているので、このままだとぶつかってしまうためジョイントそして止水栓そのものも短めの物に交換しました。

下の写真が短いものです。

ジョイントも短く、止水栓も短くして、全体に3~4Cm位短くなりましたが、これではまだ引き出しをしまった時にぶつかるので奥の壁に18mmの板を付けて流しそのものを更に18mm前に出します。丁度水除けにもなるので良いアイディだなと思いました。(インスピレーションです)

さて壁の上に露出していた配水管を壁の中に隠すために新たな壁を設置しました。約30mm程狭くなってしまうのですが、配管が見えているよりもはるかに良いので,そこは妥協です。

配管をくるんでいる断熱材を外して細身にします。そしてほぼ同じ厚みの材木(胴縁と呼ばれているもの)を左右上下何か所かに取り付けてその上から石膏ボードを貼りました。

これで配管は見えなくなりました。上の部分はあとで、改めて隠します。それはまた施工した時ご報告します。

さて次は壁紙貼りの下準備です。石膏ボードに付けたネジ部分、それから古い壁紙をはがしたところとそうでない所の段差をパテで平らにします。

左側が以前鏡があった部分で、壁紙がなかったところですね。右、そして上の壁紙はしっかり貼られていたので、そのままにしておきました。壁紙の上から貼れる強力な壁紙用のりを使って新しい壁紙を貼ります。とはいっても普通にホームセンターで売っています。

新しい壁紙を貼りました。まるっきり雰囲気が変わり、とっても明るくなりました。壁紙を全部貼り終え、大理石の目地埋めです。

白い目地用セメントに着色剤入れて、グレーにしました。着色剤には色々な色があります。また、入れる量によって色は変わりますので好みで調整できます。

キッチンやバスルーム,トイレなどの水回りはカビが生えたりしがちなので黒めの方が良いですね。目地付近は軽く雑巾で拭きとり、後は次の日に乾いてから綺麗にしました。

BEFORE


AFTER

全く雰囲気が変わりました。新築っぽくないですか?

では、また遊びに来てくださいね!おやすみなさい。