引き戸のレールを隠す

皆さん、こんばんは!みっちぃです。このタイトルの記事が昨年暮に消えてしまったのですが、未だにダントツのアクセス数ですので何とか復活すべく写真を探しに探しようやく見つけましたので改めて書いて見たいと思います。

そもそも和室を洋室に変え、引き戸をドアに変えたそのドアの下の部分に引き戸時代のレールが残っていたというわけです。

AFTER
BEFORE

上の写真の下の方のふすまの部分が上の写真の扉とガラス入りの壁となります。そして問題の引き戸のレールはドアの下に残っています!それが下の写真です。色を塗り始めてしまったので若干見にくいですが。


そして次にベニヤ板を当てたら高さがピッタリだったので同じ幅でカッターで切って木工用ボンドで止めます。厚みは2.5mm位だったかと思います。

もしもベニヤが低くなるようであればコーキングを使って高さを調整すると良いと思います。はみ出るとペンキが乗らないのでお気をつけ下さい。


手前側一本貼り付けた状態です。


もう片方もベニヤ板を貼り付けました。隙間ができたり、段差ができるようであれば木工用パテを塗って乾いたらペーパーかければ問題ないかと思います。ただ歩く部分でプレッシャーかかるのでできればドア枠全体を覆えるようにベニヤ板を貼るのも手ですね。


下の写真が白ペンキを塗った状態です。2度塗り3度塗りすればもうレールだったかどうかわからなくなるでしょう。


殆ど分からなくないですか?

この自作ドアの下の部分でした。

もう一箇所レールを隠す部分があったので写真を見つけたらまたシェアさせて頂きますね

最後までおつきあい頂きありがとうございました!