ランドリールームを作製しました

こちらの記事は2016.3.3にリノベりすさんに投稿した記事となります。

     *     *     *

皆さん、こんばんは!みっちぃです。

今年に入ってランドリールーム作製に取り組んでいましたが、ようやく完成しましたのでご紹介したいと思います。
 

元々ここのマンションは洗濯機置き場というものがなく通常お風呂の入り口に置いているようです。しかしそこに洗面台もあり非常に狭くなるため私は購入後キッチン横のリビング内に新たに置き場を設置しました。
 

配管はキッチンリノベーションの際に延長しておいたのです。
 

そして作った洗濯機置き場がこちらです。
 

ご覧の通りリビングの一角にもろに露出状態で置かれています。勿論いずれ何らかの形で隠そうと思っていました。
 

洗濯機の後ろをまずは防音対策で厚くしてグラスウールを入れました。その後横に壁を作り、洗濯機を覆うように棚をツーバイ材を使って作りました。
 

内側には壁紙も貼りました。内側の幅はほぼ900で奥行きは800です。
 

扉は厚さ15mmのランバーコアで作りました。表面にモールディングとして幅の違うベニヤ板を2枚重ねて貼りました。

早速ランドリールームに置いてみました。ようやく洗濯機が隠れると思うとワクワクします。がしかしランドリールームを作ったのは他の理由もありました。それは空気伝搬音を小さくするということです。
 

残っていたペイントでなんとか白く塗れました。
 

以前マニラのホームセンターで大量に買い込んでおいたお気に入りの取っ手をつけました。さてここでご注意頂きたいのですが、左側の扉に対して右側の扉は上部が手前に飛び出していて下部が内側に引っ込んでいるのがお分かりでしょうか?


元々一枚のランバーコアを2枚に切ってもらったのですが、片方が結構反りが入りました。そこで考えたのがこちらです。
 

左側の扉の裏にベニヤ板をねじ止めでつけました。そしてドア枠にはローラーキャッチをつけました。こちらは右側の扉だけです。
 

つまりどういうことかと言いますと右側の扉の下部が下に入ってしまうためそうならないように左側の扉のベニヤ板でストップさせて、上部はローラーキャッチで無理やり引っ張
るという荒治療です(爆)。

その結果がこちらの完成写真となります。
 

お陰様で左右の扉のズレが完全になくなりました。もちろん開けると出てくるのです(笑)

ベニヤで作ったモールディングも光と影を作ってくれて何気に洒落て見えます。きっと初めての方が見たらクローゼットかなと思われそうです。視界から洗濯機が消え自分の中でも洗濯機が意識に浮上しなくなりました!

そして洗濯もしましたが極めて音が小さくなり、洗濯しているとは思われないのではないかという位になりました。本当に作って良かったです。
 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。