在来工法とツーバイ工法2

皆さん、こんばんは!みっちぃです。

今日もたくさんのご訪問と、にほん
ブログ村リノベーション部門でポチ
っとありがとうございます!!

皆さんのポチッが励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


今日は昨日の続きで在来工法と
ツーバイ工法並びにティンバー
フレーム工法についても言及して
みたいと思います。

日本の在来工法では一般的に柱は
3寸5分(10.5Cm角)の使用が多い
です。私はたまたま4寸角(12Cm角)
が運良く格安で購入出来たため4寸
を使いました。

staircase2

こちら自分達で建てた建物の階段部分
ですが、柱や横架材、ニーブレスが
見えているのが分かるかと思います。

ニーブレスというのはティンバー
フレーム工法の特徴の一つでもある
のですが、柱と横架材(横の材)を
45度で直角を保つ補強材のことです。

在来工法の筋交い(すじかい)に当
たりますが、筋交いは通常横架材の
上下に股がっています。

e5d641c596910d2c3a376f75b2fa8b51
http://ja.wikipedia.org/wiki/筋交い

 

 

stone-wall

右上に見える斜めの材がニーブレス

(Knee brace=方杖)。

 

ティンバーフレーム工法は在来工法
の様に仕口を作り木材と木材を組んで
作りますが、横揺れを防止する為の
筋交いの変わりにニーブレスを使い
ます。

 
もう一つ大きな違いは、外断熱か
内断熱かということです。在来工法は
基本的に組まれた木材が内側、外側の
両方から材が貼られるため最終的に
見えなくなります。そしてその材と材
の間に断熱材(グラスウール等)が
入ります。
 

しかし、ティンバーフレーム工法の
場合外断熱といって組まれた木材の
外側に壁材が貼られ断熱材を入れる
ため、組まれた木材が家の内部から
全て見えるのです。

a08da168f55b18ec7c2282ed37c90cc3

http://en.wikipedia.org/wiki/Timber_framing
続く

今日もご訪問ありがとうございました。

 


GLACIER BAYの素敵な水栓をオークション
に出品中です!

チェックしてみて下さいね!

GLACIER BAY洗面用2バルブ混合水栓
ゴールドをチェックする

GLACIER BAY洗面用2バルブ混合水栓
シルバーをチェックする
 値下げ品!

GLACIER BAY洗面用2バルブ混合水栓
クローム(シルバー色)をチェックする

GLACIER BAY水栓関連記事
GLACIER BAY2バルブ混合水栓

 

日本ブログ村に参加しました!ポチッと

ありがとうございます!

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>